RyotaK's Blog 技術的な話とか

HomebrewのCaskリポジトリを介した任意コード実行

English version is available here: https://blog.ryotak.me/post/homebrew-security-incident-en/ (公式インシデント報告はこちらから読むことができます: https://brew.sh/2021/04/21/security-incident-disclosure/) はじめに HomebrewプロジェクトはHackerOne上で脆弱性開示制度(Vulnerability Disclosure Program)を設けており

Remote code execution in Homebrew by compromising the official Cask repository

この記事は日本語でも投稿されています: https://blog.ryotak.me/post/homebrew-security-incident/ (もし日本語が読める場合、筆者は英語がそこまで得意ではないため、日本語の記事を読むことをお勧めします。) (Official blog post about this incident is available here: https://brew.sh/2021/04/21/security-incident-disclosure/) Preface Homebrew project is running a “Vulnerability Disclosure Program” on HackerOne, which allows hackers to perform the vulnerability

GitHub Actionsにおけるサプライチェーン攻撃を介したリポジトリ侵害

はじめに GitHubはBug Bountyプログラムを実施しており、その一環として脆弱性の診断行為をセーフハーバーにより許可しています。 本記事は、そのセーフハーバーの基準を遵守した上で調査を行い、結果を

VSCodeのGitHubリポジトリに対する不正なPushアクセス

はじめに Microsoftは脆弱性の診断行為をセーフハーバーにより許可しています。 本記事は、そのセーフハーバーを遵守した上で発見/報告した脆弱性を解説したものであり、無許可の脆弱性診断行為を推奨する事

Twitterのフリート機能に対する権限昇格

はじめに TwitterはBug Bountyプログラム(脆弱性報奨金制度とも呼ばれる)を実施しており、脆弱性の診断行為を行うことが認められています。 本記事は、そのプログラムを通して報告された脆弱性につい

Twitterの非公開リストが見れた話

はじめに TwitterはBug Bountyプログラム(脆弱性報奨金制度とも呼ばれる)を実施しており、脆弱性診断を行うことが認められています。 本記事は、そのプログラムを通して報告された脆弱性についてを解