RyotaK's Blog 技術的な話とか

Potential remote code execution in PyPI

Preface (日本語版も公開されています。) While PyPI has a security page, they don’t have a clear policy for vulnerability assessments.1 This article describes the vulnerabilities that were reported as potential vulnerabilities, using publicly available information. This was done without actually exploiting / demonstrating the vulnerabilities. This article is not intended to encourage you to perform an unauthorized vulnerability assessment. If you find any vulnerabilities in PyPI, please report them to [email protected] TL;DR There was a vulnerability in GitHub Actions of PyPI’s repository, which allowed a malicious pull request

PyPIにおける潜在的な任意コード実行

はじめに (English version is also available.) PyPIは、セキュリティページ自体は公開しているものの、脆弱性診断行為に対する明確なポリシーを設けていません。1 本記事は、公開されている情報を元に脆弱性の存在を推測し、実際に検証する

Cloudflareのcdnjsにおける任意コード実行

はじめに (English version is also available.) cdnjsの運営元であるCloudflareは、HackerOne上で脆弱性開示制度(Vulnerability Disclosure Program)を設けており、脆弱性の診断行為を許可しています。 本記

Remote code execution in cdnjs of Cloudflare

Preface (日本語版も公開されています。) Cloudflare, which runs cdnjs, is running a “Vulnerability Disclosure Program” on HackerOne, which allows hackers to perform vulnerability assessments. This article describes vulnerabilities reported through this program and published with the permission of the Cloudflare security team. So this article is not intended to recommend you to perform an unauthorized vulnerability assessment. If you found any vulnerabilities in Cloudflare’s product, please report it to Cloudflare’s vulnerability disclosure program. TL;DR There was a vulnerability in the cdnjs library update server that could execute arbitrary

HomebrewのCaskリポジトリを介した任意コード実行

English version is available here: https://blog.ryotak.me/post/homebrew-security-incident-en/ (公式インシデント報告はこちらから読むことができます: https://brew.sh/2021/04/21/security-incident-disclosure/) はじめに HomebrewプロジェクトはHackerOne上で脆弱性開示制度(Vulnerability Disclosure Program)を設けており

Remote code execution in Homebrew by compromising the official Cask repository

この記事は日本語でも投稿されています: https://blog.ryotak.me/post/homebrew-security-incident/ (もし日本語が読める場合、筆者は英語がそこまで得意ではないため、日本語の記事を読むことをお勧めします。) (Official blog post about this incident is available here: https://brew.sh/2021/04/21/security-incident-disclosure/) Preface Homebrew project is running a “Vulnerability Disclosure Program” on HackerOne, which allows hackers to perform the vulnerability

GitHub Actionsにおけるサプライチェーン攻撃を介したリポジトリ侵害

はじめに GitHubはBug Bountyプログラムを実施しており、その一環として脆弱性の診断行為をセーフハーバーにより許可しています。 本記事は、そのセーフハーバーの基準を遵守した上で調査を行い、結果を

VSCodeのGitHubリポジトリに対する不正なPushアクセス

はじめに Microsoftは脆弱性の診断行為をセーフハーバーにより許可しています。 本記事は、そのセーフハーバーを遵守した上で発見/報告した脆弱性を解説したものであり、無許可の脆弱性診断行為を推奨する事

Twitterのフリート機能に対する権限昇格

はじめに TwitterはBug Bountyプログラム(脆弱性報奨金制度とも呼ばれる)を実施しており、脆弱性の診断行為を行うことが認められています。 本記事は、そのプログラムを通して報告された脆弱性につい

Twitterの非公開リストが見れた話

はじめに TwitterはBug Bountyプログラム(脆弱性報奨金制度とも呼ばれる)を実施しており、脆弱性診断を行うことが認められています。 本記事は、そのプログラムを通して報告された脆弱性についてを解